難病と向き合う時に押さえておきたい幾つかの事

バストを取り戻す

乳がんを手術によって治療したあとで、受けることが出来るのがバスト再建の手術。身体的にはもちろんのこと、精神的にも負担になってしまうバストの喪失ということを、解消するための取り組みです。

詳しくはこちら

基本的な知識

子宮頸がんについての基本的な知識をつけることは、治療するために欠かせません。早期発見のための検査を受けつつ、実際に悪性腫瘍が見つかった場合にどんな対処ができるのかを知ることで、快方へ向かえます。

詳しくはこちら

カラダ中に出る症状

頚椎椎間板ヘルニアは、患部を中心としてカラダ中に痛みや痺れなどの症状が出る病気です。保存的治療や手術的治療によって治すことが出来る病気ですが、きっかけは肩こりなどの些細なものなので、誰もが注意する必要があります。

詳しくはこちら

Surgery

潰瘍性大腸炎の話

潰瘍性大腸炎は、軽重さまざまなレベルの症状を呈するものがありますが、薬から手術まで治療の方法もさまざまなものがあります。指定難病のひとつであるということで、医療費助成制度なども活用できます。

詳しくはこちら

脳の難病

こちらでは全国各地から骨肉腫を改善するために治療に訪れる人がたくさんいます。希望を捨ててはいけませんよ。

脳動脈瘤の治療の費用はいくらぐらいだろうか、私にもまだわかりません。

お袋が去年の暮れに脳動脈瘤の疑いがあると診断されました。二三か月後に詳しい検査をしてもしも脳動脈瘤が大きくなったら手術を考えなければならないということです。脳動脈瘤とはまた恐ろしい名前の病気だなと思いました。脳動脈瘤にかかると血管が大きく膨らんできて破裂したら、くも膜下出血になるということです。くも膜下出血にかかると、頭がものすごい痛みを起こすそうです。 私はお袋が脳動脈瘤になったと聞いてとても心配になりました。そして脳動脈瘤のことが書いてある本を一冊買いました。一通り目を通してみると、治療法には二つあるということがわかりました。一つは頭蓋骨に直接メスを入れて脳動脈瘤を摘出する方法と、薬を飲みながらゆっくりと脳動脈瘤を抑えて直す方法の二種類だけしかないそうです。 この二つの方法を考えてみると手術をしたほうが費用が多くかかるような気がします。お袋も私もお金が多くかかる手術よりも薬で抑えてくれる治療を望んでます。しかしいったいどれぐらいの治療費がかかるのかさっぱりわかりません。

親父が腹部動脈瘤にかかって手術を受けた時はとても安くてすみました。

親父が腹部動脈瘤にかかって手術を受けた時は百万円以上するだろうと思ってましたが、十万円未満で済みました。大学病院で手術を受けたのですが、一時わかりにくいとされて世間が騒いだ高齢者医療保険の適用を受けたために治療費が安くて済んだと思ってます。 最近の医療費を思うと意外に安い傾向があるように感じています。お袋は脳動脈瘤のほかにも糖尿病にかかってます。一月に一度クリニックに通っていますが、一割負担ですから治療費も安いです。たくさん薬を貰ってくるのですが費用はあまりかかりません。 現在は老人医療費が年々増える傾向がありますので、政府も何とかして国民の医療費を安く抑えたいといろいろと考えているのだと思います。